ボルダリングワーク 〜岩場へ〜

横山ジャンボさん、ちひろさんによるボルダリングワークもいよいよ野外の岩場へ! ボルダリングとはそもそも「ボルダー」=「巨岩」を登ること。 そこには、室内ジムとはまた違った醍醐味があります。 お弁当の後、ジャンボさんたちが開拓した本物の岩場にチ…

冬から春へのアーカイブ記録

ライフラインの無い「くるみの森」での初キャンプに向けてのコンポストトイレ作り。 まずは竹の伐採から。 時間はかかりましたが、見事伐採!! トイレの図面を見ながら長さを確認しカット。 地面に刺す部分は斜めにカット。 柱を立ち上げます。 スコップで…

秋から冬へのアーカイブ記録

日々の活動が毎日エキサイティング過ぎて、なかなかタイムリーな活動報告が出来ないのですが、昨年の秋から冬への写真をダイジェストで記録させて頂きます。 くるみの森の、まあるい学校看板作り。 飾りに木の実をつけたり、次々アイディアが! 子どもたちが…

春を味わう

くるみの森のフリーディ。 気温も上がって来て、ゲルの周りにも緑色の野草達が顔をのぞかせて来ました。 子どもたちからの発案で、野草を採って食べようという流れに! どんな野草が食べれるのか…? みんな良く知っているノカンゾウ、ヨモギ、ツクシにタンポ…

谷戸城跡へ〜 お花見サイクリング

八ヶ岳まあるい学校の森周辺もようやく春めいた陽気となり、この日は谷戸城跡まで自転車でお花見に出かけました。 が…、目的地の桜はまだつぼみ。 でも子どもたちはお弁当を食べた後、城跡の上での遊びで大盛り上がりでした! 桜は残念でしたが、美しい八ヶ…

ボルダリングワーク Vol.1

本オープンしてから2年目の新年度が始まった八ヶ岳まあるい学校。 今年度からの新たなワーク、ボルダリング。 講師はあのパタゴニアのアルペンクライミング・アンバサダーの横山ジャンボさんとパートナーのちひろさん。 これまた、その道のプロから直伝の贅…

暮らしのワーク

たまちゃんの暮らしのワーク 〜3シリーズ〜 1. 味噌作り 去年、まあるい学校の畑で育てた大豆が大豊作! その大豆を使い、この季節ならではの味噌作りです。 まずは、大豆を圧力鍋でゆでるところから。 今年は何故か男子チームが味噌つくりにはまっています…

縄文ワーク<Vol.4〜5〜6>石器で収獲、石臼脱穀・粉引き、土器で煮炊き

★ 縄文ワーク<Vol.4> 石器でタカキビ刈り この日の縄文ワークは、井戸尻遺跡考古館で毎年大切に育てられているタカキビを石器を使って刈り取る作業。 雑穀のタカキビがどんなものか、まずは見て触って観察するところから。 始めに石器なしで手で取ってみる…

秋の活動記録から〜フィールドワーク<その2>

★おらんとうの森表敬訪問 何もない山林から「おらんとうの森」を造った棟梁こと福嶋さん。 まあるい学校のフィールドでもある「くるみの森」を今後子どもたちと一緒に遊びと学びの空間に作りあげたていきたい…そんな思いから、棟梁の造り上げたの森に遊びに…

秋の活動記録から〜咲祝の庭〜<土俵、花壇、デッキ造り>

月に一度開催される「咲祝の庭」でのワーク。 目標は「自分のことば」で自分が感じたこと、考えたことを相手に伝えること。 小さな子には少しハードルが高いワークですが、庭造りを通して、その体験・記録・発表という総合学習的な学びを試みています。 ★ 咲…

秋の活動記録から〜フィールドワーク<その1>

八ヶ岳まあるい学校の活動コンテンツには、大きく3つのプログラムがあります。 ひとつは「フリーデイ」。一日やりたいことを自由に行なう日。 もうひとつは、ワークデイ。毎回ワークスタッフによるワークの時間。 そして、もうひとつがフィールドワーク。 3…

くるみの森にゲルを建てよう!

八ヶ岳まあるい学校の活動フィールド「風の庭」@小淵沢町と「咲祝の庭」@長坂町の他に、2,000坪を超える広い森をご提供頂き、新たな学校のフィールドの展開が始まる「くるみの森」@大泉町。 その拠点となるモンゴルのゲルを設営するプロジェクトが、ゲル…

夏の記録より 〜日々の活動から〜

★ 大泉「くるみの森」より モンゴルのゲルを設営中の第2のフィールド、くるみの森。 巨大ブランコ。 気分はハイジ。 河童。 ロープのジャングルジム。 まあるい学校、将棋部。 竹を削り、竹ナイフ作り。 手をケガしながらも、なかなかの出来。 ペインティン…

夏の記録より 夏のキャンプ〜2回目〜

今年2回目の夏キャンプ。 あいにく初日は台風の影響で外は雨。 残念ながらログハウスの中でのキャンプスタートとなりました。 早めに晩ご飯の支度です。 子どもたちからリクエストの高野豆腐カツ。 まずは高野豆腐を味付けし、煮るところから始めます。 子ど…

夏の記録より 夏のキャンプ〜1回目〜

毎年恒例の夏キャンプ第1回目は、子どもと大人合わせて25人という大家族キャンプ。 県外の東京や神奈川からも参加してくれました。 今回は初めての試みで、9歳女子と10歳男子のダブル隊長を中心に開催。 初日はキャンプ計画で決まったドラム缶釜のピザ作りか…

夏の記録 〜アートフェスティバル〜

月に一度、学校の開校場所としてお世話になっている「咲祝の庭」(ギャラリー シュマン・デュ・ボヌール)で開催された4日間のアートフェスティバル。 これまで子どもたちが制作した作品を一堂に展示させて頂きました。 4日間の会期中に、作品展示と共に色々…

「縄文ワークVol.2&3」〜火起こしリベンジ&縄文の道具体験〜

7月のアートフェスティバルと夏休み期間中の2回のキャンプで、かなり密度の濃い日々となりブログ更新も止まっておりました。 少しずつですが、また更新を再開致します。 さて今回は、あと少しのところで火の神様が帰ってしまった火起こしのリベンジ! 前回、…

フィールドワーク〜自然農の畑に大豆を蒔く〜

6月の梅雨入り前。 盛んに鳴くカッコウに急き立てられ、大豆畑の準備が始まりました。 「風の庭」の昼食では、ロケットストーブで味噌汁を作ります。 その味噌は、毎年子どもたちで仕込んだもの。 今年は自分たちで大豆を育て、味噌作りをする計画。 他にも…

「風の庭」〜古代土笛作り& 野焼き〜

この日は古代土笛の制作と演奏活動を行っている、スタッフうーじによる土笛作り。 まずは、そもそも “笛” とは何なのか? その音の出る原理の話しから始まりました。 土笛の構造を絵に書いて説明。 土笛を吹くと外と中に息が分かれ、中に入った息に “カルマ…

「風の庭」の野草を摘んで野草酵素作ろう!

今年も「風の庭」一面が野草たちで埋め尽くされる季節となりました。 そこで! キロン 癒しの自然食主宰の山室のりこさんをお招きし、この野草たちを使った野草酵素を作るワークを開催しました。 最初に、子どもたちにも分かりやすいように「菌」の世界の話…

5月20日「縄文ワークVol.1」〜火の神は舞い降りるか〜

この日は午後から井戸尻考古館へ。 日頃ウージが大変お世話になっている井戸尻考古館学芸員、小松隆史さんが講師。 今回、小松さんから与えられたミッションは、火を起こし竪穴式住居の炉に火を入れ、土器で甘酒を温め、手作りの竹コップで頂くというもの。 …

5月13日フィールドワーク〜天女山・天の河原へ〜

この日はフィールドワークの日。 朝の会でどこに行くか話し合い、天女山の天の河原へ行くことに! 20分ほどのミニ登山が始まりました。 スタートしてから直ぐに、疲れた〜と10歳男子。 どうやらこの日が初登山で、山登りは苦手らしい…。 みんなから頑張れ〜…

5月10日「咲祝の庭」〜庭造りVol.3 花壇を造ろう!〜

「咲祝の庭」の庭造り作業を通して、自分の体験を記録し、そしてそれを“自分のことば”で人に伝えるというワークの第3回目。 この日、細川ご夫妻からの作業課題は花壇造り。 朝の会の後、早速作業に取りかかります。 まずは花壇の場所を決めます。 雑草や古い…

忍者修行〜の巻

3月、4月、5月と3回行われた「忍者修行」のワーク。 忍者の末裔でもあり武道、武術の達人でもある伊与久さん直伝のこのワークは子供たちにも大人気のワークとなりました。 日頃自由奔放な子供たちも、この忍者修行の日は緊張している様を感じます。 まずは道…

4月26日「フィールドワーク」〜シカの角を探しに行こう!〜

八ヶ岳も気持ちのいいシーズンとなり、学校でもフィールドワークが始まりました。 この日はシカの角探しに清里の森へ! 子供たちに大人気のカンちゃんも応援で遊びに来てくれました。 森の散策開始です! 道中、色々なものを発見! 森の中は、不思議で面白い…

「風の庭」〜春めく日々〜

白と茶色の景色から、緑と色鮮やかな花々に包まれゆく「風の庭」。 いよいよ農作業も本格的に始まりました。 スタッフ、シンゴを中心に学校の畑の準備。 苗床にトマトの種を蒔きました。 ポットで育てた苗にも水やり。 みんなで草刈りと畝作り。 大人たちが…

4月12日「咲祝の庭」〜庭造りVol.2〜

暖かな日差しに包まれた「咲祝の庭」。 言語学者の細川英雄さんがファシリテートする庭造りの第2回目が始まりました。 まずは前回の庭造りはこんな感じで進みました〜と、たかみさんが写真で振り返り。 そして今日の作業が始まります。 沢の造成は前回から大…

4月7日 新年度、本オープン! 〜種と遊ぼうvol.2〜

春休み開けの初日。 いよいよ八ヶ岳まあるい学校も、新年度を迎え新たなオープンとなりました。 初日は珍しく雨。 ベルテントの中で最初の朝の会が始まりました。 雨だね〜。みんな、今日は何しようか〜。 自然とそれぞれやりたいことを見つけ、手を動かして…

3月24日「風の庭」〜種の観察-Vol.1〜

この日は1歳から16歳まで、16人の子供たちが参加してくれました。 見学者も交えて、賑やかな一日となりました。 学校の畑も、着々と準備が進んでいます。 農作業は基本的な身体トレーニングに繋がります。 私たちはこれを「農トレ」と呼んでいます…(笑) こ…

3月22日「風の庭」〜ジャガイモの植え付けと工作〜

朝の会では、今日は何かやりたいことあるかな…?と子供たちに聞きます。 6歳の女の子が「工作がしたい!」と提案してくれました。 工作は何の工作?と訪ねたら、木で何か作りたい!とのこと。 そして畑担当のシンゴとタマミが、そろそろジャガイモを植えたい…