読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9月24日「風の庭」〜爽やかな秋風の中で〜

9月24日「風の庭」は11名の子供たちが参加してくました。

この日はゲストスタッフにマリが登場。

どんな1日になるか楽しみです!

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928165231j:plain

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928165320j:plain初めて来てくれた子供たちもすぐに溶け込み、大好きな鬼ごっこが始まりました!

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150925230258j:plain

先日の泥ワークの時の穴を発見!

11歳男子が更に深く掘っています。

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928165356j:plain

かなり深いです!もうスコップも届きません…。

限界までチャレンジ!

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928165442j:plain

穴と言えば、次の展開は…落とし穴。

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928165512j:plain

そして…こうなります…(笑)

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928225151j:plain

スタッフたまちゃんからの提案で、穴掘りのときにでた粘土質の土を使って、その中に様々な野菜の種を混ぜ、泥団子農法にチャレンジ!

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928165833j:plain

 最初は小さかった泥団子が…最後は巨大団子に!

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150925231413j:plain

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928165906j:plain

泥団子農法は初の試み。

芽がでてくることを祈り、みんなで作った種入り団子を学校の畑へ投げ入れます。

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928165931j:plain

 こちらは、泥団子を焼くとどうなるかの実験だそうです。

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928165959j:plainみんなで火を囲み、ランチタイム!

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928170030j:plain

こちらはテントチーム。自分たちの好きな場所でランチをします。

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928170105j:plain

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928225337j:plain

おりがみと版画指導をしてくたスタッフのマリ。

八ヶ岳まあるい学校」の判子を削っています。

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928230330j:plain

こちらは小10歳の女の子が折った鶴。

一番小さな5センチ四方の折り紙を、更に4等分して作った折り鶴です。

完成した大きさは1センチくらいの豆サイズ!

奥の2羽はなんと羽が繋がっています!

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928225303j:plain

棉畑が、みんなに踏まれてしまうような場所にあったので、看板があったらいいねと11歳の男子。

すぐに適した木材を探してきて、その場で看板作ってくれました。

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928170148j:plain

 完成した『わたばたけあります』の看板!

素敵な看板になりました。

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928170219j:plain

いつもみんなで使用しているまな板を、鉋を使って削って綺麗にしてくれました。

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928170242j:plain

今日一番楽しかったことは、鉋削りといっていた11歳の男子。

日常で鉋削りをしている様で、かなりの腕前!

あっという間に3枚のまな板を仕上げてくれました。

ここまでくれば職人技です。

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928231758j:plain

木工で何やら作っている様子…。

f:id:yatsugatakemaaruigakkou:20150928170346j:plain

学校終了後も、子供たちのやりたいことは続きます。